診療科のアイコン
診療科のご案内

内観写真

診療案内

呼吸器専門医が2名常勤していますので呼吸器疾患・アレルギー疾患を中心とした診療に力を入れています。都城市(山田、高城、山之口、高崎)、三股町、高原町、小林市、鹿児島県曽於市(財部、末吉、大隅)、志布志市在住の患者を受け入れています。

得意とする専門的な検査と治療

  • 〇肺癌CT健診(2次精密検診)
  • 〇気管支喘息の診断と治療、特に難治性気管支喘息に対して生物学的製剤による最新治療(ゾレア・ヌーカラ・ファセンラ・デュピクセント)
  • 〇慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎)の診断と治療
  • 〇慢性呼吸不全の身体障害者の認定手続き、在宅酸素療法、在宅人工呼吸器療法
  • 〇肺線維症、間質性肺炎の診断と抗繊維化薬による治療(ピレスパ錠・オフェブカプセル)
  • 〇特定疾患の認定手続き
  • 〇インフルエンザ、感冒、気管支炎、肺炎、肺結核、抗酸菌症、肺真菌症等の呼吸器感染症の診断と治療
  • 〇じん肺症、石綿肺の診断と治療 労災申請手続き
  • 〇抗酸球性肺炎、過敏性肺炎、アレルギー性鼻炎、花粉症
  • 〇肺がん、胸膜中皮腫の悪性疾患の診断

検査

当院は、万全な検査体制を整えております。

●CT検査

当院では、最新の16列マルチスライスCTを導入しています。このCTは、従来より「精密に・速く・きれいに」の超高速撮影が可能となり、検査時間が短く、放射線被爆も少なくなったばかりでなく、病変の早期発見さらに早期治療により患者様に貢献致します。従来のCTと違い、マルチスライスCTでは一度に複数のスライスを撮影できます。4列、8列、 16列と多列化が進むにつれて、一回に撮影できる範囲は広がり、息を止める時間も短くなってきました。

CTの写真


医師紹介

院長・理事長  有川 圭介
 1967年生(昭和42年生)

●院長の専門資格

  • 〇日本呼吸器学会 呼吸器専門医
  • 〇日本アレルギー学会 アレルギー専門医(内科)
  • 〇肺がんCT健診認定医師
  • 〇日本内科学会 認定内科医
  • 〇日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
  • 〇日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医・指導医

●院長の略歴

1993年(平成 5年)
久留米大学医学部卒業
久留米大学第1内科(呼吸器内科)入局
1997年(平成 9年)
久留米大学大学院医学研究科卒業(医学博士)
1997年(平成 9年)
国立病院九州医療センター呼吸器内科(福岡市)
2000年(平成12年)
米国UCSDカリフォルニア州立大学サンディエゴメディカルセンター呼吸器科留学
2001年(平成13年)
有川医院 副院長
2011年(平成23年)
藤元総合病院 呼吸器内科部長
2013年(平成25年)
有川呼吸器内科医院 院長・理事長就任

会長  有川 憲蔵
 1937年生(昭和12年生)

●会長の専門資格

  • 〇日本呼吸器学会 呼吸器専門医

●会長の略歴

1963年(昭和38年)
久留米大学医学部卒業
鹿児島大学放射線科入局(医学博士)
1975年(昭和50年)
国立都城病院放射線科部長(初代)
1979年(昭和54年)
都城市上川東に有川医院開設 院長
2013年(平成25年)
有川呼吸器内科医院 会長